シャープのスマホ事業の今後 物理QWERTYキーボード付き端末がカギ

ACII掲載記事:スマートフォンはODM/OEMも手掛けていた海外市場でのSharpの展開。
スマートフォン各メーカーの歴史を2週間ずつで振り返る、「ASCII倶楽部」(有料)連載の、
スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」。

今回はSharpの板編(全2回)。
シャープのスマホ事業の今後 物理QWERTYキーボード付き端末がカギ
Sharpは国内編・海外編と分けて2回連載。今回は海外のお話。一時は海外のQWERTYキーボード端末はSharp製造のものもありましたね。鴻海傘下以降は各国市場を果敢に攻める姿勢を出していますが、果たしてどの機能にフォーカスするのか。価格だけでは勝てませんから、やはりQWERTYキーボード機復活を願いたいものです。
171110_article

ASCII倶楽部は1080円/月(税込み)の有料サービス。ASCII電子版バックナンバーも読み放題。初月無料、解約可能。本連載を読まれたい方はぜひご加入してください。
170626_eiko