「ThinkPad戦略」をとるレノボに立ち塞がる中国のスマホメーカーたち—スマホメーカー栄枯盛衰

ACII掲載記事:Motorolaを買収しダブルブランド展開を開始しようとするLenovoのスマートフォンの前に、新興メーカーが立ちはだかる。

スマートフォン各メーカーの歴史を2週間ずつで振り返る、「ASCII倶楽部」(有料)連載の、
スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」。

今回はLenovoの後編です(全2回)。
「ThinkPad戦略」をとるレノボに立ち塞がる中国のスマホメーカーたち

Motorolaの買収はThinkPadと同じ効果をもたらすはずでした。しかし急遽現れた新興メーカーの超低価格端末の前にLenovoも対抗するしか無く、その結果Motorolaブランドの活用が後回しになってしまいます。新しく立ち上げたVibeブランドも浸透せず、最終的にはLenvoブランド共にMotoへ統合...まさに栄枯盛衰なLenovoの歴史の後半。
170909_article
ASCII倶楽部は1080円/月(税込み)の有料サービス。ASCII電子版バックナンバーも読み放題。初月無料、解約可能。本連載を読まれたい方はぜひご加入してください。
170626_eiko